「TAKUMIエンジンオイル」をご存知ですか?

最近ではモータースポーツ界だけではなく、一般ユーザーの間でも話題になっているようで、「高品質」「低価格」といったことで、評判もいいようです。

この記事では、「TAKUMIエンジンオイル」をご紹介していきます。

TAKUMIエンジンオイル




スポンサーリンク

 

エンジンオイルの効果とは?

現在は電気自動車の普及も始まっていますが、ほとんどの車とバイクにはエンジンオイルが必要となります。

では、なぜエンジンオイルが必要なのかといいますと、エンジンは燃料の供給によりシリンダー内で爆発を起こし、そのパワーによってピストンや各部が動く仕組みになっています。

エンジンオイルの効果とは

その際に、エンジン壁やシリンダー壁にオイルを付着させることで、鉄と鉄とがスムーズに動くことができます。

この際に燃焼カスや鉄カスが発生しますが、オイルは潤滑しながらこのカス類を吸収し、オイルフィルターを通ってフィルターでカスを取り除いてまたエンジンへ戻ります。

このサイクルを繰り返すことによってオイルは汚れますが、オイルフィルターも汚れることは当然です。

という事で、定期的にオイル交換とオイルフィルターを交換しないとオイルがドロドロになり、うまくエンジン内を循環しなくなるとエンジンブローを起こしてしまいます。

↓汚れたエンジン
汚れたエンジン

エンジンブローとはエンジン内部の燃焼の段階で内部が高温になり、鉄と鉄とが動作する段階でオイルがしっかり潤滑していないと干渉し、部品同士が焼き付いて固着してしまいます。

ピストンなどが固着する事によってエンジン内部は稼働しなくなるため、エンジンは動かなくなります。

その結果、エンジン本体の修理をしないといけなくなり大きな出費になってしまいますので、定期的なエンジンオイルとオイルフィルターの交換が不可欠です。

オイルフィルターの交換が不可欠

ここまでは4ストロークオイルの説明となりますが、エンジンオイルが走行距離5千キロごと、オイルフィルター(オイルエレメント)は走行距離1万キロごとが交換の目安とされています。

もうひとつ、2ストロークオイルについても簡単に説明しておきます。

2ストロークオイルも効果は4ストロークオイルと変わりありませんが、違いとして2ストロークオイルは燃焼の段階で一緒に燃焼するオイルです。

このオイルはバイクやカーレースなどの競技に用いられることが多く、燃焼すると白煙となってマフラーから排出されます。

そのためメンテナンスとしては、オイルを交換するのではなく、燃焼して減少したオイルを補充するというかたちになります。

オイルのグレードについて

エンジンオイルは大きく分けると「ガソリンエンジン用」と「ディーゼルエンジン用」に分類され、それぞれグレードが存在します。

このオイルのグレードによりオイルの価格は大きく変わりますので、少し頭に入れておいていただきたいと思います。

ガソリンエンジンオイルのグレードはエンジンオイル規格(API)により定められており、現在はSA(最低グレード)からSN(最高グレード)までの12グレードが存在します。

ガソリンエンジンオイル

ディーゼルエンジンの場合はCA(最低グレード)からCF-4(最高グレード)までの7グレードが存在しています。

このグレードの違いは無添加鉱物油や添加油、運転条件、成分と耐久性や清浄性などにより異なります。

また、エンジンオイルには粘度があり、これはSAE(Society of Automotive Engineers)
によって定められていますが、表記については次の通りです。

低温粘度:0W、5W、10W、15W、20W、25W (計6段階)
高温粘度:20W、30W、40W、50W、60W(計5段階)

 

オイルの粘度は温度によって変化しますので、車の使用条件や季節にも配慮して選ぶ必要があります。

例えば、低温環境で低温粘度25Wを使用すると、厳冬期間時にオイルが柔らくならないためエンジン内をうまく潤滑できず、エンジンブローを引き起こす原因になります。

また、モータースポーツなど激しい運転状況において高温粘度20Wを使用すると高温によりオイルがサラサラになりすぎてエンジンに絡まず、エンジンブローを引き起こすことになります。

エンジンオイルは高規格になればなるほど高価になり、低温粘度と高温粘度の差が大きくなればまた高価になります。

自身の運転状況にあったエンジンオイルを選ぶことをおすすめします。

TAKUMIエンジンオイルの評判

TAKUMIエンジンオイルの最大の特徴は、高品質オイルを低価格で購入できるという事です。

TAKUMIエンジンオイルの評判

低価格の理由のひとつめは、インターネットでの販売になるので、卸業者や小売店を通さず直接お客様へ販売しているためです。

もうひとつは、世界品質のグローバル製品であるため、現在21ヵ国へ輸出販売されていることから、大量生産が可能になっているというのが理由の様です。

TAKUMIエンジンオイルを使用している人の評価をいくつかご紹介します。

〇安くて良いオイル

〇エンジンのフィーリングが良くなった。

〇エンジンがスムーズに動いているように感じる。

〇純正と比較すると全く違う次元に思える。

 
など、かなり評判もいいようです。

TAKUMIエンジンオイルの種類(ラインナップ)

TAKUMIでは高品質のオイルを幅広く取り扱っています。

次に、TAKUMIエンジンオイルの種類は紹介していきます。

TAKUMIエンジンオイルの種類 ラインナップ

TAKUMIエンジンオイルの種類:X-TREME

TAKUMIエンジンオイル X-TREME

X-TREMEはTKUMIエンジンオイルの最高峰で、高性能を極限まで追求したオイルになっています。

このオイルの実力は市販車輌ベースのカーレース「SUPER GT」参戦車両が使用したことで実証されました。

スポーツカーやチューニングカーなどを含め、モータースポーツにも最適なエンジンオイルになっています。

X-TREMEのラインナップは以下。

・0W-40SN
・5W-50SM/CF
・20W-50SN
・25W-60SN(以上、100%科学合成油)
・10W-60SM/CF(ベースオイルHIVIにPAO配合)
※20W-50SN 25W-60SNは20L販売のみ

TAKUMIエンジンオイルの種類:HYBRID

TAKUMIエンジンオイル HYBRID

HYBRIDシリーズは、粘度が柔らかいものになっています。

エンジン可動部やピストンクリアランスが小さい日本車に最適で、エンジン可動部とピストンリング接触面の摩擦抵抗を低減してくれます。

HYBRIDのラインナップは以下。

・0W-20SN GF-5
・0W-30SN GF-5

0W-20SNは短距離走行が中心の方、0W-30SNは長距離運転が多い方におすすめのエンジンオイルです。

TAKUMIエンジンオイルの種類:HIGH QUALITY

TAKUMIエンジンオイル HIGH-QUALITY

ベースオイルHIVIを使用、TKUMIエンジンオイルの中核的存在ともいえるエンジンオイルです。

「潤滑性」「始動性」「耐熱性」「耐摩耗性」を備え、清浄分散性の(汚れの浄化作用)に重点を置くことで長距離走行を可能にし、エンジンオイル交換サイクル1万キロ以上を実現しました。

これにより通常よりも、エンジンオイル交換のコストが半減されたことになります。

TKUMIエンジンオイルの「高品質」「低価格」を実現したエンジンオイルが「HIGH QALITY」シリーズとなります。

HIGH QUALITYのラインナップは以下。

・5W-20SN・GF-5
・5W-30SN・GF-5
・5W-40SM/CF
・10W-30SN/CF/GF-5
・10W-40SN/CF

一番ベーシックでありながら高性能を持つHIGH QUALITYシリーズ、スポーツカーやチューニングカーに乗っている方には最適です。

TAKUMIエンジンオイルの種類:STANDARD

TAKUMIエンジンオイル STANDARD

STANDARDは鉱物油をベースに開発され、「性能」と「経済性」をバランスさせることを可能にしたエンジンオイルです。

コストパフォーマンスに優れていながらも安定した「粘度特性」「劣化(酸化)防止性能」を発揮すしながらも凡庸性に優れたエンジンオイルです。

やや粘度性が硬めで、2003年以前の自動車エンジンに最適な設定となっています。

TAKUMIエンジンオイルの価格とまとめ

TAKUMIエンジンオイルの価格は次の通りです。

TAKUMIエンジンオイル価格表(4L)
オイルブランド 粘度 数量 価格
X-TREME 0W-40  4L 6300円
X-TREME 5W-50 4L 5900円
X-TREME 10W-60 4L 5500円
HYBRID 0W-20 4L 3800円
HYBRID 0W-30 4L 3900円
HIGH QALITY 5W-20 4L 3500円
HIGH QALITY 5W-30 4L 3400円
HIGH QALITY 5W-40 4L 3900円
HIGH QALITY 10W-30 4L 3400円
HIGH QALITY 10W-40 4L 3700円
STANDARD 5W-30 4L 3900円
STANDARD 10W-30 4L 2680円
STANDARD 10W-40 4L 2680円

 

掲載した価格はすべて4L缶になりますが、高性能でありながらも低価格を実現していることがお分かりいただけたとおもいます。

ディーゼル用オイルもあり、最新の環境保護装置が装着されているディーゼル微粒子捕集フィルター(DPF触媒)にも使用できる凡庸性の高いマルチグレードと経済性を重視したシングルグレードが用意されています。

こちらは20L缶での販売となっており、10W-30が20Lで1万円、最高で0W-30の20Lの1万3200円となっています。

「SUPER GT」に参戦した車両が使用しているということで、その信頼性もご確認できたのではないでしょうか?

インターネットでしか買えないという部分はありますが、直販ですと送料も無料になっていますので、気になる方はぜひとも使っていただきたいと思います。

TAKUMIでは、エンジンオイルの他にもギアオイルやATFオイル、CVTオイルも取扱しているようですので、気になる方は公式ページをご覧ください。
 

↓TAKUMIエンジンオイルの公式ページはこちら
▶ http://www.takumi-motoroil.co.jp

 

愛車は定期的にメンテナンスをして大切に乗ってくださいね。
 
 

以上、今回は

について紹介しました。