2018年8月8日

いよいよトヨタの新型クラウンが、2018年モデルとして新しくなりました。前モデルまでのクラウンを一新、クラウンは、新しいクラウンとなったのです。
 

新型クラウン2018
新型クラウン2018
 

その一つとして、新型クラウンンのグレード設定。これまでのクラウンは、「ロイヤル」「アスリート」に、最上級となる「マジェスタ」の3シリーズ設定でした。

前クラウン ロイヤル
前クラウン ロイヤル
 

前クラウン アスリート
前クラウン アスリート
 

前クラウン マジェスタ
前クラウン マジェスタ
 

しかし、新型クラウン2018では、シリーズ枠は撤廃され、トヨタ クラウンとなったというのが、新型クラウンなのです。グレードは大きく分けて、2グレードとなっています。


スポンサーリンク


新型クラウン2018試乗記(弟と試乗)

今回、筆者である私は、新型のクラウンを試乗することができました。しかも、某トヨタ販売店様のご厚意により、好きなだけ乗ってきてくださいとのこと。

新型クラウン2018試乗記
ということで、一般道から高速走行、ワイディング走行と、おかげさまで新型クラウンを、満喫することができました。

ちなみに私が試乗したクラウンは、新型クラウンでもRSグレードとなる、2.5RS。驚いたのは、走行時の高い安定性でした。ということで、試乗した感想をご報告します。

新型クラウンのエクステリアから感じたこと

正直に言いますと、ネットや雑誌などで見た正直な感想は、クラウンっぽくない…。これが、最初正直に感じたことです。

しかし、実際に見てみるとその思いは一新、本物はかっこいいではないですか!ムムム、ちょっと欲しいかも…。

新型クラウンのエクステリア

前モデルまでと比較して、新型クラウンのエクステリアでの大きな違いは、リヤウィンドウピラー部分のサイドに、三角小窓が付いた点です。

これによってサイドビューのリヤピラー部分のデザインが大きく変わり、リヤウィンドウからトラックリッドまでが、滑らかになっていました。

新型クラウン サイドビュー

フロント部分は、前モデル同様大きなスピンドグリルが迫力満点で、エアロフォルムバンパーは、スポティさと高級さを併せ持っています。

また、サイド部分では、サイド下側にサイドステップが付けられた感じになっており、これがまた程よいアクセントとなっていました。

新型クラウンの室内・内装から感じたこと

室内は、まず運転席と助手席の乾燥から。シートに座ってみると、広いと感じるものではありませんでしたが、狭いという印象は全くありませんでした。

思いのほか広いと感じなかったのは、センターコンソールからサイドボックスにかけて、幅が広いということにあり、運転席・助手席間が少し遠く感じました。

新型クラウン センターコンソール

シートの座り心地は高いレベルにあります。これは、特に良いと感じる部分があったわけではなく、気になる部分が全くありませんでした。これこそがレベルの高さを示しています。

次にダッシュボード。感じたのは、ダッシュボードの位置が低い!これによって圧迫感がなく、フロント部分の視界が、非常に広く感じられます。

新型クラウン ダッシュボード

次に運転席からの感想。ダッシュボード位置が引くからといって、メーターパネルの視認性は悪くありません。また、ステアリング位置も、全く違和感はありませんでした。

運転席では、スピードデジタルメーターが、フロントガラスに映し出されています。これによって、メーター確認のために、目線をずらす必要はありません。
(ちなみに助手席からは見えません。)

新型クラウン コントロール液晶モニター

また、上段にナビやテレビを映し出すモニター、中断にはエアコン類のコントロール液晶モニターがあり、2段構えのモニターになっています。

そして、後部座席。残念ながら、座ってくることを忘れました・・・それでも、見た感じはゆったり乗れるスペースが確保されています。

新型クラウン 後部座席

内装で感じたのは、クラウンなのにウッドパネルが採用されていない点です。本来、ウッド調パネルが付けられる部分は、全てカーボン調パネルでしたが、これもありです。

次にルームミラー。というか、私が試乗した新型クラウンは、ルームミラーではなく、ルームミラー全体が、モニターになっていました。

新型クラウン ルームミラー
※ルームミラーは、デジタル・鏡面切替え可能。

ナンバープレート上部を確認すると、2つのカメラがありました。これはバッグモニターとリヤドライブレコーダーが並べて取り付けられていました。

このリヤドライブレコーダーの映像が、ルームミラーのモニターに映し出されていました。液晶モニターのルームミラー、慣れないせいか若干違和感がありました。

新型クラウン リヤドライブレコーダー

それと、ルームミラー手前のルーフ部分に、緊急通報のスイッチが装備されていました。これは携帯電話と接続し、連動することで、救急に通報できるシステムです。

さらには、新型クラウンのポイントともいえる、デジタル化。これは全てのグレードに装備されていますが、インターネット接続が可能とのことです。

新型クラウン インターネット接続

新型クラウンを運転した感想

まずは、ハンドリングについて。ハンドリングは、「軽すぎる」「重い」といった感じはなく、率直にいうと、なんの違和感もありませんでした。

実際のところ、違和感があるないよりも、非常に運転しやすいというのが、正直な感想です。何よりも、運転していて全くストレスを感じませんでした。

新型クラウンを運転した感想

ということで、新型クラウンの走りについての感想です。ちなみに、営業の方は、某サーキットまで足を運び、アウディ・メルセデスベンツと、乗り比べをしてきたそうです。

その営業の方の話では、乗り心地・走行安定性・操舵性とも、全く負けていないと豪語していましたので、さらに走りが気になります…。

新型クラウンを運転した感想2

まずは、国道を普通に走ってみました。走行音は非常に静かです。そして、乗り心地。かなりハイレベルな、なんともいえない上質な乗り心地です。しかし、ここは予想の範囲内。

徐々にスピードを上げていき、高速走行を慣行。全くブレはなく非常に安定しています。さらには、高速走行でも上質な乗り心地が壊されることは、全くありません。

新型クラウンを運転した感想3

そして、いよいよワインディング走行。これこそが、車の走りの進化が問われる部分です。ということで、いざ山道へ!

「おいおい、なんだ、この安定性は!?」というのが、率直な感想です。ワインディングでは、走行安定性に加え、なんとも素直なハンドリング!運転しやすいのです。

新型クラウンを運転した感想4

そこで、ワインディングでも徐々にスピードを上げてみます。それでも安定した走りに、全くブレはありません。しかもボディ剛性は、かなり高いと感じました。

驚くべきは、右コーナー、左コーナーの切り返し。これまでの高級車は、ここでロールを切りますが、新型クラウンは、Gがかかるどころか、ほとんどブレません。

新型クラウンを運転した感想5

実は前モデルのクラウンを試乗したときに、ここで足回りにフワフワ感を感じ、不安を感じたのですが、新型クラウンは高級車ながら、苦も無くコーナーをクリアしていきます。

ここまでくると、新型クラウンの進化した走りに、疑いはなくなったというよりも、新型クラウンの走りに、驚かされてしまいました。いい!すごくいい!

新型クラウンを運転した感想6

ちなみに、ワインディングではコーナーのインを取りすぎて警報が!ここで初めて、車線逸脱警報が装備されていることに気づきました。

新型クラウンを運転した感想7

新型クラウン試乗車で寄り道

新型クラウンの試乗中、途中にある友人が社長を務める、車の整備工場へ…。

新型クラウン試乗車で寄り道

友人「何これ!?買ったの!?」

私 「車買い替えろって言われたから、買った」

友人「試乗車だろ?」

私 「はい…」

ところがこの友人、新型クラウンを見るなり、ボンネット→開ける、トランク→開ける、まあ、ここまでなら普通にあり得る話ですが…。

次の友人の行動。トランク→開けるまでは普通ですが、この友人、トランク内の内貼りを、バリバリと外し始めます。(おいおい、試乗車なんですけど!)

新型クラウン トランク

すると友人、「ここがバッテリーだ!」の言葉に驚きました。新型クラウンのバッテリーは、助手席側のトランク内にあったのです。(万が一のためにも、覚えておいてください!)

友人である彼の行動によって、全く気にしていなかった部分まで知ることができたので、とりあえず感謝しておきます。ちなみにエンジンルームは、意外に空間がありました。

新型クラウン試乗車で寄り道2

その後、無事車をトヨタ販売店に返却しました。ということで、新型クラウン試乗の感想をまとめると、かなり上級レベルの仕上がりだといえます。

新型クラウンの高級感、上質な乗り心地と安定した走りは、クラウンを求める方にとって、全て応えてくれることでしょう。

新型クラウン2018のサイズやエンジンスペックと価格

すでにカタログ・価格表は出ていますが、新型クラウン2018のサイズやエンジンスペック、燃費や価格について見て行きましょう。

新型クラウン2018 グレード:RS
3.5RS Advance 2.5RS Advance Four 2.5RS Advance 2.5RS Four 2.5RS 2.0RS Advance 2.0RS 2.0RS-B
全長 4910mm
全幅 1800mm
全高 1455mm
ホイールベース 2920mm
室内長 1980mm
室内幅 1500mm
室内高 1185mm
乗車人員 5名
車両重量 1870kg 1860kg 1770kg 1860kg 1770kg 1730kg 1730kg 1690kg
エンジン型式 8GR-FXs A25A-FXS A25A-FXS A25A-FXS A25A-FXS 8AR-FTS 8AR-FTS 8AR-FTS
エンジン V型6気筒 直列4気筒 直列4気筒 直列4気筒 直列4気筒 直列4気筒 直列4気筒 直列4気筒
排気量 3456cc 2487cc 2487cc 2487cc 2487cc 1998cc 1998cc 1998cc
最高出力 299ps 184ps 184ps 184ps 184ps 245ps 245ps 245ps
最大トルク 36.3kgf・m 22.5kgf・m 22.5kgf・m 22.5kgf・m 22.5kgf・m 35.7kgf・m 35.7kgf・m 35.7kgf・m
モーター最高出力 180ps 143ps 143ps 143ps 143ps
モーター最大トルク 30.6kgf・m 30.6kgf・m 30.6kgf・m 30.6kgf・m 30.6kgf・m
ミッション マルチステージハイブリッド CVT CVT CVT CVT 8速AT 8速AT 8速AT
駆動方式 FR 4WD FR 4WD FR FR FR FR
燃費(JC08) 17.8km/L 20.8km/L 23.4km/L 20.8km/L 23.4km/L 12.8km/L 12.8km/L 12.8km/L
価格 690万6600円 601万5600円 579万9600円 563万2200円 541万6200円 559万4400円 518万4000円 500万400円

3.5L ハイブリッド
新型クラウン 3.5L ハイブリッド

新型クラウン2018 グレード:標準
3.5G-Executive 2.5G-Execuyive Four 3.5S 2.5G Four 2.5G 2.5S Four C package 2.5S C package 2.5S Four
全長 4910mm
全幅 1800mm
全高 1455mm
ホイールベース 2920mm
室内長 1980mm
室内幅 1500mm
室内高 1185mm
乗車人員 5名
車両重量 1900kg 1890 1860kg 1850kg 1750kg 1820kg 1730kg 1820
エンジン型式 8GR-FXs A25A-FXS 8GR-FXs A25A-FXS A25A-FXS A25A-FXS A25A-FXS A25A-FXS
エンジン V型6気筒 直列4気筒 V型6気筒 直列4気筒 直列4気筒 直列4気筒 直列4気筒 直列4気筒
排気量 3456cc 2487cc 3456cc 2487cc 2487cc 2487cc 2487cc 2487cc
最高出力 299ps 184ps 299ps 184ps 184ps 184ps 184ps 184ps
最大トルク 36.3kgf・m 22.5kgf・m 36.3kgf・m 22.5kgf・m 22.5kgf・m 22.5kgf・m 22.5kgf・m 22.5kgf・m
モーター最高出力 180ps 143ps 180ps 143ps 143ps 143ps 143ps 143ps
モーター最大トルク 30.6kgf・m 30.6kgf・m 30.6kgf・m 30.6kgf・m 30.6kgf・m 30.6kgf・m 30.6kgf・m 30.6kgf・m
ミッション マルチステージハイブリッド CVT マルチステージハイブリッド CVT CVT CVT CVT CVT
駆動方式 FR 4WD FR 4WD FR 4WD FR 4WD
燃費(JC08) 17.8km/L 20.8km/L 17.8km/L 20.8km/L 23.4km/L 20.8km/L 23.4km/L 20.8km/L
価格 718万7400円 632万3400円 623万7000円 583万7400円 562万1400円 559万4400円 515万7000円 519万4800円

2.5L ハイブリッド
新型クラウン 2.5L ハイブリッド

新型クラウン2018 グレード:標準
2.0G 2.0S C package 2.5S 2.0S 2.0B
全長 4910mm
全幅 1800mm
全高 1455mm
ホイールベース 2920mm
室内長 1980mm
室内幅 1500mm
室内高 1185mm
乗車人員 5名
車両重量 1700kg 1700kg 1730kg 1700kg 1690kg
エンジン型式 8AR-FTS 8AR-FTS A25A-FXS 8AR-FTS 8AR-FTS
エンジン 直列4気筒 直列4気筒 直列4気筒 直列4気筒 直列4気筒
排気量 1998cc 1998cc 2487cc 1998cc 1998cc
最高出力 245ps 245ps 184ps 245ps 245ps
最大トルク 35.7kgf・m 35.7kgf・m 22.5kgf・m 35.7kgf・m 35.7kgf・m
モーター最高出力 143ps
モーター最大トルク 30.6kgf・m
ミッション 8速AT 8速AT CVT 8速AT 8速AT
駆動方式 FR FR FR FR FR
燃費(JC08) 12.8km/L 12.8km/L 20.8km/L 12.8km/L 12.8km/L
価格 541万6200円 494万1000円 497万8800円 474万6600円 460万6200円

2.0L ダウンサイジングターボ
新型クラウン 2.0L ダウンサイジングターボ

新型クラウンは、細かくグレードを分けていくと、かなり多くの種類に分けられます。3.5L、2.5L、2.0Lの排気量の他、3.5Lと2.5Lは、駆動方式によっても分けられます。

※2.0Lは、FRのみ。

エンジンは、3.5Lと2.5Lはハイブリッドシステム、2.0Lは、ダウンサイジングターボエンジンとなっています。

新型クラウンの価格は、最低価格が460万6200円からとなっていますので、トヨタブランドの高級車ではありますが、少し頑張れば、手も届きそうなグレードも用意されています。

新型クラウン2018のまとめ

新型クラウン2018を試乗した感想を一言で伝えると、非常に完成度が高い車です。ちなみに、国内での販売状況は、トヨタの販売目標の7倍とのことですから、いかに完成度が高いかお分かりいただけることでしょう。気になる方は、是非試乗してみてください!

新型クラウン2018のまとめ

 

以上、今回は

について紹介しました。