2017年4月6日

現在のスバル スポーツカーの代名詞ともいえるWRX STIの新型となる2018年モデルが、誕生に向けて動きが本格化してきたようです。

スバルWRX STI現行モデル
スバルWRX STI現行モデル

スバルのWRX STI現行モデルのネットカタログを見ますと、「2017年3月20日(月)を持って注文受け付け終了」と記載されており、次に向けて動き出したという根拠になります。

WRX STI新型2018とは?気になるスペックや価格、発売時期について取り上げていきましょう!


スポンサーリンク


スバルWRX STI新型のスペックとは?

WRX STIといえば、スバルが誇るスポーツカーの最高峰ともいえる車ですから、スポーツカーとしてのそのスペックは、かなり高いものになっています。

現在のスポーツカー界でもこのカテゴリではWRX STIが独壇場となっていますので、期待のできる一台に仕上げてくるでしょう。

WRX STI新型2018予想スペック

全長:4595mm
全幅:1795mm
全高:1475mm
ホイールベース:2650mm
乗車定員:5名

 

ネット上やカー情報などでは、ボディサイズやホイールベースに変更はないというのが大筋の見方のようです。

しかし、搭載されるエンジンやプラットフォームなどから、ボディがワイド化される可能性を示唆する情報もあるようです。

エンジンは変更されることが予想されているようですので、エンジンスペックについて現行モデルと比較してみました。

スバルWRX STI現行・新型比較
エンジン型式 EJ20 FA20
エンジン種類 水平対向4気筒DOHC直噴ターボ 水平対向4気筒DOHC直噴ターボ
排気量 2.0L 2.0L
最高出力 308ps/6400rpm 300ps/560rpm
最大トルク 43.0kgf・m/4400rpm 40.8kgf・m/2000~4800rpm
駆動方式 4WD 4WD
トランスミッション 6速MT CVT
燃費 9.4km/L 13.2km/L

エンジンの型式はEJ20型からFA20型に変更されますが、パワーダウン?と思ってしまいます。

これは数値の通り8psダウンしているものの、WRX STI新型のエンジンは、現行よりも低回転域でパワーを発揮することができることから、性能的にはアップしたといえます。

また、燃費の部分が3.8km/L伸びていることからも、エンジンの性能自体は格段にアップしていることが分かります。

トランスミッションはCVT化されれば、2ペダルになると予想されますが、やはり6速MTもほしいところで、個人的には設定してほしいものです。

6速MTを予想している情報もありましたが、6速MTだとスバルの先進安全システムであるアイサイトの搭載はないとされています。

これはマニュアル車だとコンピュータ制御によるシフトダウン、シフトアップが不可能になるので、アイサイトの機能を発揮することができないからです。

しかし300psというハイパワーの4WDで燃費も良いと来れば、ますますスポーツカーとしてのスポーツ走行も楽しめるのではないでしょうか?

スバルWRX STI新型とされる画像
スバルWRX STI新型とされる画像

この画像はWRX STI新型とされている画像ですが、よく見るとハッチバックタイプになっていることに目が引かれてしまいました。

ハッチバックタイプがダサいというわけではありませんが、ネット上に画像はないものの、やはりスポーツセダンタイプは絶対に設定してほしいものです。

スバルWRXコンセプト
スバルWRXコンセプト

こちらはスバルWRXコンセプトモデルとなりますが、実は実際に販売されていた現行モデルよりも評価が高かったそうです。

ボディ形状は4ドアクーペタイプになっており、非常にスポーツ感の強さが感じられることからも、是非WRX STI新型に取り入れることで実現してほしいものです。

スバルWRX STI新型2018の価格は?発売時期はいつ?

WRX STI新型2018の価格情報については、ネット上やカー情報でもまだ出ていないというのが現状です。

WRX STI新型のエンジンは新型になるものの、サイズ的にもエンジンや性能についてもさほど大きく変わらないことが予想されます。

ただ、プラットフォームをWRX STI独自のものにするという情報もあるので、価格に変動があるとすれば、このあたりが影響してきそうです。

WRX STI現行モデル
WRX STI現行モデル

WRX STI現行モデルの価格はSTIで379万円程、STIタイプSが411万円程とされています。

ネット上やカー情報では価格についての予想はほとんどないのですが、新型エンジンと新型プラットフォームを考えると、若干上がりそうな気配も感じます。

そのことも踏まえてWRX STI新型の価格を予想してみますと、390万円~430万円あたりが妥当だと考えます。

発売時期については、ネット上やカー情報を見ますと、2018年8月頃ではないかという予想が多く見られました。

スバルWRX S208の情報も!

WRX S208の情報についても、併せてご紹介しておきます。

こちらは新型ではなく、WRX STI現行モデルの台数限定販売となる限定車として登場するようです。

スバルWRX S208とされる画像
スバルWRX S208とされる画像

このWRX S208は、WRX STIに手組エンジンを搭載し、チューニングを施した300台の限定販売となるモデルです。

ネット上やカー情報での予想価格は630万円程と予想されており、かなり高価な車になりそうで、2017年秋頃には販売されるのではないかと予想されています。

しかし、高額でありながらも過去にWRX S207が即完売したという例もありますので、ご購入を検討している方は、早めに販売店へ行って情報収集した方が良さそうです。

スバルWRX STI新型2018まとめ

現在、三菱のランサーエボリューションが撤退したこともあり、このカテゴリでは独壇場となっているスバルWRX STI。

もともとWRX STIはスポーツ性能の高い車でありながら、4ドアセダンということから家族がいても乗れるスポーツカーというのも強みとなっていました。

スバルWRX STI新型2018の発売時期はいつ

特に40代半ばから50代前半のスポーツカーブーム時代を生きてきた人にとっては、家族がいても乗れるスポーツカーという点で期待している方も多いのでは?

そんなWRX STI新型はどんな車になって誕生するのか?東京モーターショー2017において正式発表されるのか?というのも気になるところです。

まだまだ情報が少ないところですが、さらに進化するスバルWRX STI新型に大いなる期待をしながら、そのときが来るのを待つことにしましょう。