タイトル:ディーラーが中古車を値引きしない理由とは?

車のディーラーでは新車販売だけではなく、多くの中古車も販売しています。

そんなディーラーで中古車を購入しようとしても、なかなか納得のいく値引きには至らないことがほとんどです。

では、ディーラーではなぜ中古車を値引きをしないのでしょう?

ディーラーが値引きをしない理由について、いろいろな角度から検証してみましょう。




スポンサーリンク

 

ディーラーが中古車を値引きをしない理由①

ディーラーが中古車の値引きをしない理由は、取り扱っている中古車にあります。

ディーラーの中古車の場合、現金での車個体の買取りではなく、ほとんどの中古車が下取りで入って来る車だからです。

ディーラーが中古車を値引きをしない理由1

現金買取店の場合は、一定の査定額を基準にして買取額を決め、おおよそ決まった金額の範囲でやり取りをします。

しかし、ディーラーの場合は現金買取の実施はしておらず、買い替える車の価格から下取車の査定額を差し引いて、販売する車のお支払額が決定します。

この場合、車両価格の販売価格からの値引きがこれ以上できないといった場合、下取車の査定額を大きくすることで実際に値引きという形をとります。

ということは、ディーラーに入って来る中古車はほぼ限界の査定額+αで入って来るので、中古車を値引きしてしまうと赤字が発生してしまいます。

そんなことからディーラーでは中古車の大幅な値引きはできないのです。

ディーラーが中古車を値引きをしない理由②

ディーラー中古車は、入ってくる段階で後付けパーツよりも純正パーツの方に重点が置かれます。

理由としては、ディーラーが中古車を販売する場合、中古車でもある程度の基準をクリアしていないとディーラー名で販売できないからです。

ディーラーが中古車を値引きをしない理由 2

一般の中古車販売店では、事故車でも修理したりパーツ取りにしたりして普通に売っていますが、ディーラーは車のメーカーですからこういう売り方はほぼ実施していないのです。

また、事故車や程度の悪い車を販売してしまうと、お客様の好みだといっても車のメーカーとしての立場を危ういものにしてしまう可能性もあります。

ということで、中古販売する車にもある程度の基準を設けて、その基準をクリアできる中古車を販売している点も、値引きのできない理由となっているようです。

ですからディーラーが販売する中古車は、質が低いものであっても理由を明確にし、整備や保証によって少しでも質の高いものにしているのです。

ディーラーが中古車を値引きをしない理由③

ディーラーが中古車を販売する場合、中古車に1年間の無料保証を付けている点も、値引きをしない理由の一つとなります。

一般の販売店の場合、補償といっても購入して壊れたら壊れた部分の修理という形が多いですが、ディーラーの場合はここにポイントがあります。

ディーラーでは良質な中古車を販売するために、販売前に整備を含めブッシュ類などの劣化してきている部品については交換して販売してくれます。

ディーラーが中古車を値引きをしない理由 3

要するに、販売前に中古車を良い状態にしてから売るディーラーがほとんどのようですので、中古車でも心配なく乗れるということになります。

ですから価格は若干高めでも、ディーラーではお客様が安心して乗れる中古車を販売しているといえることになります。

消耗品といえども交換する部品が多ければ金額も結構な額になってしまいますので、後々のことを考えると、安上がりなのかもしれません。

実際にディーラーから中古車を購入した方の話を聞いてみました。

中古車の値引き交渉
 

排気系:フロントパイプ、中間パイプ、マフラー全新品交換
下回り:錆取りの他、錆部分や色剥がれ(劣化)部分の塗装
タイヤ:ヨコハマタイヤ(新品)取付 サイズ215/60 16インチ
その他:内装清浄

 

この方がこの車をネットで調べた際、タイヤは溝がないと記載されており、タイヤの購入を覚悟していたそうです。

しかし納車してみると、タイヤは新品のものが取り付けられており、驚いたと話していました。

交渉にもよりますが、タイヤだけでもかなりの額になってしまいますので、購入した方の話だと修理・交換の費用は一切プラスされていなかった(無料だった)そうです。

この方から今回の購入の感想を聞いたところ、タイヤを含め大きな部品であっても交換してくれたことから、安心して乗ることができると話されていました。

さらにここに1年間の無料保証が付いているとのことですから、ディーラーの中古車販売における信頼の高さが伺えます。

ということで、ディーラーの場合は中古車であっても、値引きよりも価格を下げずに信頼度を高くしているということがお分かりいただけたかと思います。

中古車認定が厳しいディーラー

ちょっと中古車の値引きの話からずれてしまいますが、中古車認定の基準が一番厳しいのはトヨタだといわれています。

トヨタの場合、中古車の認定が基準別に分けられており、「レクサス認定中古車」「トヨタ認定中古車」「T-Value(GAZOO com)」に分かれています。

例えばレクサス認定中古車の場合は、レクサスが定める基準をクリアできないとレクサス認定中古車としては取り扱いません。

ディーラーが中古車を値引きをしない理由

トヨタの中で一番基準が優しいとされるT-Valueの場合でも、通常の評価で5つ星が付く中古車であっても、トヨタ基準では3~4つ星程度といわれています。

中古車販売でも信頼性の高さを重んじているのがトヨタだといえます。

ディーラーが中古車を値引きをしない理由まとめ

ここまでディーラーが中古車の値引きをしない理由について、あれこれご説明させていただきました。

ディーラーというのは車販売の本家本元となるわけですから、何よりも大切なのは車の販売店としてのプライドと信頼性になります。

ディーラーが中古車を値引きをしない理由4

ですから中古車の販売においても、安く売ることに重点を置くのではなく、中古車でも故障なく長く乗れるという信頼性に重点を置いているのです。

中古車ですから安く買うというのも重要ですが、安さだけを求めるのではなく、信頼性にも目を向けてみるのも大切なことではないでしょうか?
 

以上、今回は

について紹介しました。