インフィニティQ60をご存じですか?インフィニティQ60は、インフィニティQ50の2ドアクーペタイプの車です。

インフィニティQ60
インフィニティQ60

ちなみにインフィニティQ50は4ドアセダンで、日本名がスカイラインなのです。逆に言うと、スカイラインは海外でインフィニティQ50と呼ばれているのです。

インフィニティQ50
インフィニティQ50

日産 スカイライン
日産 スカイライン

今回の主役は、Q60の方です。Q60を日本名にすると、スカイライン2ドアクーペということになります。

インフィニティQ60
インフィニティQ60 サイド

これまでスカイライン2ドアクーペ市場投入の噂は幾度となく囁かれていましたが、現在のところ、話が進んでいる形跡が感じられません。

では、もし国内投入されたらどんな車になるのでしょう?海外版となるインフィニティQ60から、価格やスペックに探りを入れてみました。


スポンサーリンク


日産インフィニティQ60の日本発売日は?

前述の通り、Q60が日本国内で正式に販売されることになれば、正式名称はスカイライン2ドアクーペということで、スカイラインになることは間違いないでしょう。
 

日本での販売プロジェクトは、現在進んでいないようです。

日産インフィニティQ60の日本発売日

このあたりも含め、日産の営業マンにも質問してみたところ、以前ほんの少し話題になったようですが、今のところは販売に向けての話は聞こえてこないとのこと。

Q60=スカイライン2ドアクーペの発売日ついては不明。
正式に日本販売に至っていないというのは、スカイラインファンにとっては少し残念です。

インフィニティQ60の価格は?

まずは一番気になる価格から見て行きましょう。もし日本で販売された場合、どの程度の価格帯になるかというのは非常に重要です。

インフィニティQ50、日産スカイラインの価格と比較しながらご紹介しますが、日本での正式価格があるわけではないので、参考程度でお願いします。

インフィニティQ60の価格

インフィニティQ60、Q50及び日産スカイラインの価格
※グレード・価格については、全グレードから一部抜粋。

車種・グレード 駆動方式 車両価格(ドル) 車両価格(円換算)
Q60 2.0Lt PURE 2WD $38,950 約444万円
Q60 2.0Lt PURE AWD    $40,950 約467万円
Q60 3.0Lt SPORT 2WD $48,300 約551万円
Q60 3.0Lt SPORT AWD   $50,300 約574万円
Q60 RED SPORT400 2WD $52,000 約593万円
Q60 RED SPORT400 AWD   $54,000 約616万円
車種・グレード 駆動方式 車両価格(ドル) 車両価格(円換算)
Q50 2.0Lt PURE 2WD $34,200 約390万円
Q50 2.0Lt PURE AWD   $36,200 約413万円
Q50 3.0Lt SPORT 2WD $40,650 約464万円
Q50 3.0Lt SPORT AWD   $42,650 約487万円
Q50 RED SPORT 2WD $51,000 約582万円
Q50 RED SPORT AWD  $42,650  $53,000 約605万円
車種・グレード 駆動方式 車両価格
スカイライン200GT-t 2WD 413万6,400円
スカイライン200GT-t Type P 2WD 434万5,920円
スカイライン200GT-t Type SP 2WD 470万2,320円
スカイライン350GT ハイブリッド Type SP 2WD 554万9,040円
スカイライン350GT ハイブリッド Type SP 4WD 582万9,840円

 

Q60の価格は、Q50と比較すると若干割高になっています。また、スカイラインと比較しても割高で、Q50 RED SPORTだとスカイラインハイブリッドよりも高くなります。

インフィニティQ60は、現在のところスカイライン2ドアクーペとしては日本での販売がされていませんので、試乗については現在できないのが残念です。

但し、逆輸入については逆輸入販売をしている販売店があるようですので、販売店と逆輸入価格についてご紹介しておきます。
 

■インフィニティQ60の逆輸入をしている販売店:トレンドオート

トレンドオートは、インフィニティQ60をはじめ、QX80やQX50など、インフィニティの海外モデルを逆輸入でお取り扱いしているショップです。

Q60輸入新車販売価格
車種・グレード 駆動方式 車両価格
Q60 2.0Lt 2WD 588万円
Q60 2.0Lt Premium 2WD 686万円
Q60 3.0Lt Premium AWD 780万円

 

逆輸入でQ60を新車で購入するとなると、運搬などにかかる費用も含まれますので、100万円以上の割高になってしまい、割り切らないと中々購入はできないでしょう。

しかし、スカイライン2ドアクーペの日本発売日はまだ正式に定められていないので、日本でQ60に乗っていれば、目立つことは間違いないでしょう。

インフィニティQ60のエンジンなどスペックは?

次にQ60のスペックについて見て行きます。気になるQ50、スカイラインとの違いについても見て行きましょう。

Q60・Q50・スカイライン スペック比較表
車名 Q60 Q50 スカイライン
グレード 2.0t RED SPORT 2.0t RED SPORT 200GT-t 3.5HYB SP
ボディタイプ 2ドアクーペ 2ドアクーペ 4ドアセダン 4ドアセダン 4ドアセダン 4ドアセダン
全長 4684mm 4684mm 4815mm 4815mm 4800mm 4800mm
全幅 1849mm 1849mm 1824mm 1824mm 1820mm 1820mm
全高 1394mm 1384mm 1453mm 1453mm 1450mm 1440mm
車両重量 1690kg 1752kg 1665kg 1755kg 1660kg 1800kg
エンジン型式 274A VQ35HR
エンジン 直4DOHC V6DOHC 直4DOHC V6DOHC 直4DOHC V6DOHC
排気量 1991cc 2997cc 1991cc 2997cc 1991cc 3498cc
過給器 ターボ(ダウンサイジング) ツインターボ ターボ(ダウンサイジング) ツインターボ ターボ(ダウンサイジング) なし
最高出力 210.9ps/5,500rpm 405.5ps/6400rpm 210.9ps/5,500rpm 405.5ps/6400rpm 211ps/5500rpm 306ps/6800rpm
最大トルク 35.67kgf・m/1,500~3,000rpm 48.39/kgf・m/1600~5200rpm 35.67kgf・m/1,500~3,000rpm 48.39/kgf・m/1600~5200rpm 35.7kg・m/1250~3500rpm 35.7kg・m/5000rpm
モーター型式 なし なし なし なし なし HM34
モーター最高出力 68ps
駆動方式 FR/AWD FR/AWD FR/AWD FR/4WD FR FR/4WD
ミッション 7AT 7AT 7AT 7AT 7AT 7AT
燃費 13.0km/L 11.5km/L 13.0km/L 11.0km/L 13.0km/L 17.8km/L

※Q60及びQ50については、単位換算で表示していますので、小数点以下・誤差があることをご承知ください。

インフィニティQ60のエンジンなどスペック

Q60は、2ドアクーペということもあり、全長がショートで、全高が低めになっているというのが特徴です。

気になるのがエンジン。Q60(Q50)には、日本の国内モデルにはない、3.0Lツインターボエンジンが搭載されています。

Q60のV6 3.0Lツインターボエンジン
Q60のV6 3.0Lツインターボエンジン

Q60にはハイブリッドの設定がないので、主流のエンジンになるわけですが、スカイライン2ドアクーペとなった場合のエンジンがどうなるか気になります。

私の感想では、現行スカイラインのVQ35HRハイブリッドエンジンは、スポーツカーに負けないパフォーマンスを持っているので、これでもOKかと思いますが・・・。

ただ、このエンジンが実際にスカイライン2ドアクーペに採用されるようなことになれば、一般道ではR35 GT-Rより扱いやすいハイパワースポーツカーになりそうです。

インフィニティQ60の評価はどうなの?

2016デトロイトモーターショーでお目見えしたQ60ですが、日本未発売モデルなので、国内の評価については殆どありません。しかし、海外では中々高評価のようです。

デザイン、パワー、価格とも海外では良好のようです。特にスタイリングについては高い評価がされているようです。

インフィニティQ60の評価

私もQ60クーペのスタイリングを見て感じたのが、2ドアというだけでのスカイラインらしさ。同じモデルでもクーペになっただけで、これだけインパクトが変わってしまうのです。

スタイリングについてもう一つ。Q60新型となりましたが、現在はクーペのクローズドボディだけで、現在のところ旧もでるにあったコンバーチブルの設定はないようです。

インフィニティQ60のまとめ

これまでもそうですが、スカイラインは4ドアセダンが登場し、後から2ドアクーペが登場してきました。

しかし、今回のスカイラインに限り、未だスカイラインクーペの日本国内登場には至っていないというのが現状です。

日産インフィニティQ60Sのテール

Q60の登場は、日本国内のスカイラインファンにとっては、2ドアクーペ誕生の大きな希望になっていることは間違いありません。

Q60のように、日本国内でスカイライン2ドアクーペが正式に販売されることを、心待ちにしていますので、日産さん、よろしくお願いいたします。