日産フェアレディZ Z32は、1989年7月に誕生した、日本バブル期の象徴ともいえる高級スポーツカーであり、1990年代のスポーツカーブームでは、高い人気を誇りました。

日産フェアレディZ Z32 1990年代

現在でも根強いファンを持っているフェアレディZ Z32ですが、現在はどのくらいの価格なのでしょう?中古車選びや専門店、価格相場についてご紹介します。


スポンサーリンク


日産フェアレディZ Z32はバブルを象徴する高級スポーツカーだった!

フェアレディZ Z32は、バブル時代を象徴するスポーツカーで、贅沢さをふんだんに盛り込まれた高級スポーツカーでした。

フェアレディZ Z32のエンジンは3.0LのV型ツインターボで、当時自主規制とされていた280馬力に国産トップで到達し、後のハイパワースポーツカーの先駆者でもありました。
 

日産フェアレディZ Z32主要諸元
ツインターボ2シーター NA2シーター ツインターボ2by2 NA2by2
全長 4310mm 4525mm
全幅 1790mm 1800mm
全高 1245mm 1255mm
ホイールベース 2450mm 2570mm
車両重量 1510kg 1430kg 1550kg 1470kg
乗車定員 2名 4名
エンジン型式 VG30DETT VG30DE VG30DETT VG30DE
エンジン種類 V型6気筒DOHC24バルブ
過給器 ツインターボ NA ツインターボ NA
排気量 3.0L
最高出力 280ps/6400rpm 230ps/6400rpm 280ps/6400rpm 230ps/6400rpm
最大トルク 39.6kg・m/3600rpm 27.8kg・m/4800rpm 39.6kg・m/3600rpm 27.8kg・m/4800rpm
サスペンション 前後マルチリンク
ブレーキシステム 前後ベンチレーテッドディスク
駆動方式 FR
トランスミッション 5速MT/AT
燃費 8.2km/L 8.7km/L 8.2km/L 8.7km/L
新車販売価格 395万円 330万円 425万円 360万円

この当時日産の開発陣は、現在の車造りのように、コスト削減や低燃費などといった迷いを持たずに開発に打ち込めたといいます。

その贅沢さは、ボディサイズにあります。2シーターと2by2では、あきらかにサイズが違うことが分かります。

これは2シーター、2by2それぞれが専用のボディフレームと専用のモノコックを持っていたことを表します。
 

2by2
2by2
 

2シーター
2シーター
 

これによってフェアレディZ Z32は、車両の前後重量バランスもそれぞれになっており、エクステリア以外、別物に近い形で開発されていたことになります。

内装も独特で、各コントロールスイッチ類は運転席側に集中して取り付けられており、ドライバーにとって最善の操作性が意識されたものになっています。

シートも当時としては高級感のあるセミバケットタイプのシートが搭載されており、スポーツ感の高い内装になっています。
 

フェアレディZ Z32内装
フェアレディZ Z32内装 1

フェアレディZ Z32内装 2

エクステリアはこれまでのフェアレディZと比較するとボリュームが増しており、特に車幅のワイドさは、大きなインパクトを与えていました。

また、ルーフも3通りが用意されており、「標準ルーフ」「Tバールーフ」に加えて、オープンとなる「コンバーチブル」が設定されていました。
 

これまでのモデルよりワイド化されたZ32
これまでのモデルよりワイド化されたZ32
 

こちらはZ32コンバーチブル
こちらはZ32コンバーチブル
 

日産フェアレディZ Z32のチューニングとは?

1990年代のスポーツカーブーム時代は、走り屋と呼ばれた峠族やローリング族からも注目された一台で、特にツインターボは当時の憧れ的スポーツカーでもありました。

当時のチューニングで多かったのは、吸排気系ではエアクリーナー交換とマフラー交換、そこにブレーキパッド交換をして、ショックを車高調に変えるライトチューンがメインでした。

フェアレディZ Z32のツインターボが280ps、NAでも230psというハイパワー車であったため、ライトチューンでも十分にその力を発揮することができました。
 

日産フェアレディZ Z32のチューニング
 

ただマフラーが当時は珍しかったダブル出しになっていたため、他のスポーツカーのマフラーと比較すると、若干高めだったと記憶しています。

また、車高を下げて当時人気だったカミナリエアロや、ヴェイルサイドのエアロを組むとさらに迫力が増し、それは他の車種を圧巻するものだったのです。
 

フィアディZ Z32エアロカスタム
フィアディZ Z32エアロカスタム
 

日産フェアレディZ Z32の中古車の注意点と専門店について

フェアレディZ Z32も現在では固体も少なくなってきており、中古車があっても過走行車が多く、程度の良いものを探すのは難しくなってきています。

中古車購入に際しての主な注意点はツインターボにあり、過走行車の場合はタービンに気を付けなくてはなりません。

日産フェアレディZ Z32の中古車の注意点

タービンは扱い方や手入れにもよりますが、劣化している場合購入時は問題なくても、すぐに焼き付いたりしてしまい、これをタービンブローといいます。

タービンはブローしてしまうと交換が必須となりますが、純正品の場合は誕生から20年以上たっていますので、入手が困難であると考えられます。

タービン

その他消耗品も重要ですが、スポーツ走行に使われていた個体も多いので、下回りついてもチェックをする必要があります。

そんなフェアレディZ Z32のために専門店をご紹介しますので、これから購入する方や、現在所有していてお困りの方は、ぜひ参考にしてください。
 

FAIRLADY Z32 PRO SHOP Zone
FAIRLADY Z32 PRO SHOP Zone

このショップはフェアレディZ Z32を後世に残すことを使命としていますので、車検や整備だけでなく、修理やチューニングについても相談に乗ってくれます。

その他販売元の日産ディーラーや、日産車のチューニングだけではなくメンテナンスも行っているニスモに相談するのもいいかもしれません。
 

日産販売店
日産販売店画像
 

ニスモ(大森ファクトリー)
ニスモ(大森ファクトリー)

日産フェアレディZ Z32の中古車と相場

まずは、フェアレディZ Z32の中古車をいくつかご紹介しますので、購入を考えている方の参考になればと思います。
 

Z32ツインターボ 2シーター Tバールーフ
Z32ツインターボ 2シーター Tバールーフ
年式:1990年式
走行距離:32,000km
ミッション:5速MT
車検:なし
価格:198万円
 

Z32ツインターボ 2by2
Z32ツインターボ 2by2
年式:1995年式
走行距離:64,000km
ミッション:5速MT
車検:なし
価格:105万円
 

Z32ツインターボ 2by2
Z32ツインターボ 2by2
年式:1991年式
走行距離:31,000km
車検:車検整備付
価格:284万円

実際に中古車相場を見てみますと、グレードや程度によって大きな価格差があり、30万円台のものから、150万円以上するものまで存在し、程度によってばらつきが見られます。

購入に際しては、すでに誕生から20年以上経っている車ですので、アフターや保証、メンテナンスについてもしっかりと相談する必要があります。

日産フェアレディZ Z32まとめ

ハイパワースポーツカーとして一世を風靡したフェアレディZ Z32も、誕生から28年が経過し、
現在では見かける機会もめっきりと減ってしまいました。

日産フェアレディZ Z32まとめ

しかし、そのデザインは今も色褪せることなく、当時のスポーツカーファンの心には、色濃く残っていることでしょう。

そんな名車ともいえる日産フェアレディZ Z32を後世に残していくためにも、所有している方や購入を考えている方は、しっかりとメンテナンスをしてあげてください。
 

以上、今回は

について紹介しました。