自分の愛車(中古車)を高く買取ってもらうにはどうしたらよいでしょう?

車を手放す際にどうしても気になるのは、「自分の車はいくらで売れる?」という買取価格です。

何年も乗ってきたでしょうから、新車のような値段が付けられるはずはありません。

では、どうしたら高く買取ってもらえるでしょうか?

そこで今回は、中古車を高価買取してもうためのコツを紹介していきます。


スポンサーリンク


中古車買取店のサイトで無料査定をする!

単に車を高く買い取ってもらいたいと考えていても、高く買い取ってもらえるわけではありません。

まずは、自分の愛車の価値がどれほどのものなのかを調べる必要があります。

中古車の高価買取店のサイトによくある「インターネットで無料査定」というのをご存知ですか?

以下のように様々なサイトがあります。
 

▶ カービュー(https://kaitori.carview.co.jp)
カービュー愛車無料一括査定
 

▶ 査定比較.com(https://www.kurumasateihikaku.com)
車査定比較.com
 

▶ カーセンサー.net簡単ネット査定(http://kaitori.carsensor.net)
カーセンサー簡単ネット車査定
 

ここで自分の車の型式やグレード、年式や走行距離、ボディカラーなどを入力すれば、現在の自分の車の価値が分かります。

ただし、高価な価格が出たからといって、ここで安心してはいけません。

ここに出てくる価格というのは、あくまでも外装に傷がなく、内装の剥がれや痛み、シートの傷みなどがない状態の価格が出てくるものがほとんどです。

実際に査定してもらうと、「これがダメ」「あれがダメ」などと評価され、減額されていくことになるからです。

ですから、ここで出た価格はあくまでも基本だと思って考えておいてください。

中古車高価買取の査定は1店舗だけでなく複数店舗行く!

1件だけで判断してしまうと、安く買い取られてしまい、あとでもっと高い金額で売れたはずと知った時には後悔することになってしまいます。

そうならないためにも、いくつかの高価買取店を回って、一番高く買い取ってくれる買取店を探すことも重要です。

車を買う・車買取・車査定ならアップル
車を買う・車買取・車査定ならアップル

中古車は車買取のガリバー
中古車は車買取のガリバー

車買取・車査定・中古車販売ならカーセブン
車買取・車査定・中古車販売ならカーセブン

自分の車を買取店側が欲しいと思っている車であれば、査定額も変わってきますので、複数店を回って交渉することも重要です。

中古車高価買取店に行く前に「修復歴」を確認しておく

よく中古車の広告などを見ると、「修復歴あり」「修復歴なし」という項目をご覧になったことはありませんか?

この「修復歴」というのは、いわゆる事故車を指しているのです。

では、どういったものが事故車扱いになるのかを簡単に説明します。

「修復歴あり」というのは、単に車を修理したりしたことがあるかないかを指しているわけではありません。

その「修復歴あり」になるともちろん買取価格は下がってしまいますので、よく理解しておく必要があります。

修復歴というのは、取り外しが可能なパネル部分を除いて、ピラー部分やフレーム修正など車体自体に影響を及ぼす修理を行った車のことを指します。

車をぶつけて左側が押しつぶされたりリヤから追突されてトランクルームがつぶれたり、なんていう事があると「修復歴あり」になります。

しかしちょっとバンパーを壊してしまったのでバンパー交換のみの修理や、エンジンが壊れて乗せ換えしましたなんていうのは、修復歴には該当しません。

中古車高価買取店に行く前に車をきれいにしておく

自分の愛車を査定に持っていくときは必ず洗車して、中もきれいにしてから持っていくことが大切です。

中古車高価買取店に行く前に車をきれいに

汚れたままの車を持っていくと、査定員が

「この人は車を大切にしていない。きれいにするのに手間がかかる」

と思ってしまい、減額のポイントになってしまいます。

また、室内が汚い(特にガラスについたタバコのヤニやシートのシミなど)と外側以上に手間がかかるので、さらに減額ポイントになってしまいます。

ということで、車をきれいにして「この人は大事にしている」と思われれば、査定員の見る目も変わりますので、車をきれいにしてから行きましょう。

中古車高価買取店でもここは減額ポイント!

高価買取だからといって、何でもかんでも高価格が付くわけではなく、例外なくマイナスポイントとなるものもあります。

マイナスポイントとみられる部分は、次の通りです。

  • ボディ~細かい傷がたくさんのもの、大きな傷、塗装の傷みなど
  • タイヤ~二流品や三流品のタイヤ、溝がないもの、ヒビなどが見られるもの
  • 室内~ガラス内側の汚れ、シートの傷みや破れ、シートの汚れ、内張りの傷みや剥がれ
  • 車検~切れている、切れる手前など
  • 不人気色
  • 違法改造車
  • 乱暴に扱われた車

修復や交換が必要なものになると、やはりマイナスポイントとなってしまうので、自分でできる部分については自分でやることをおすすめします。

また、違法改造車の場合は純正部品があっても交換の手間がかかるためマイナスポイントになりますが、純正部品がないと揃える必要があるので更にマイナスポイントになります。

逆にきれいにして大切に乗っていると、本来であれば査定額がない車でも買い取り価格を付けてくれる場合もあります。

また走行距離10万キロオーバー車や10年落ちの車の場合は、付加価値がない場合だと基本的に査定額はなくなってしまいます。

ですから、愛車は常日頃から大切に乗っていないと、後々損を招く結果となりますので、今さらかもしれませんが普段から大切に乗っておくことも重要です。

中古車の高価買取でプラスポイントになる部分は?

買取でプラスポイントになるのは、「大切に」「きれいに」乗っているかいないかというのは重要なポイントになります。

中古車の高価買取でプラスポイントになる部分

中古車買取店がいざ販売する際に、直さなければばらない部分があるかないか、多いか少ないかによって買い取ってから販売するまでのコストに差が出ます。

この差をどこで埋めているかというと、中古車の買取額になるわけです。

したがって、直す部分が少なければ少ないほど、買い取り額は上がるという事になりますので、日頃から大切に乗ることが重要です。

車検期間も重要なポイントで、車検切れや切れる手前だったりするとマイナスポイントになりますが、1年程度残っていれば査定額に影響はないかプラスになると思われます。

次にボディカラーになりますが、人気色であれば最初から査定の基本額にプラスされます。

例:トヨタ ヴァンガード
ブラック:基本査定額+10万円
パールホワイト:基本査定額±0円
その他の色:基本査定額-8万円

 

最高と最低ではおよそ18万円の差が出てしまいますので、買取査定額には大きな差が生じることになります。

だからといって全塗装してしまうと、さらに価値が下がりますので、これはやめておいた方がいいようです。

最後に、オプション品のアピールを忘れないでください。

例えば、純正ナビシステムと格安のナビシステムでは査定額にも影響を及ぼすことになる場合もあるようです。

また、社外品のアルミホイールやマフラー、ショックアブソーバなんかもプラス査定してくれるところもありますので、アピールすることを忘れないでください。

このオプション品や付属品は、買取店によって査定額に含む場合と含まない場合がありますので、合算の買取価格で比較してください。

中古車を高価買取してもらうコツのまとめ

自分の愛車を高く買い取ってもらうには、やはり普段から大切に乗ることが高価買取してもらえる一番の要素になると思います。

そして、複数の買取店で無料査定をしてもらい、交渉しながら一番高いところに売るというのが重要です。

最初から安い査定額を提示してくる買取店もありますので、根気よく、粘り強く交渉することで、高く買い取ってくれる買取店を見つけてください。

中古車を高価買取してもらうコツまとめ

また、車を買い替えるために売る場合は、下取の方が高くなる場合もあるので、下取する場合の値段も必ず確認してください。

これから車の買取や買い替えを予定している方のご自分の大切にしてきた愛車が、少しでも高く買い取っていただけることを心よりお祈りいたします。
 
 

以上、今回は

について紹介しました。