フェラーリ812スーパーファストの価格

フェラーリ812スーパーファストは、2017年で70周年を迎えるフェラーリが満を持して送る、V12エンジンの新たな歴史を刻むモデルです。

一般公開は、2017年3月7日にスイス・ジュネーブで開催されるジュネーブモーターショー。

今回は、一般公開直前であるスーパーファストの気になるところを、一挙ご紹介致します。




スポンサーリンク

 

フェラーリ812スーパーファストのエンジンとトランスミッション

搭載エンジン
フェラーリ812スーパーファストのエンジンスペック

パワートレインは、自然吸気のV型12気筒フロントミッドシップエンジンです。

フェラーリ史上最強の800ps/8000rpmというパワーを誇り、最大トルク718Nm/7000rpmを絞り出します。

先行のフェラーリF12ベルリネッタで比較すると、馬力は60ps、最大トルクは28Nmのパワーアップがされています。

トランスミッションは、特別なギヤレシオ(減速比)の7段デュアルクラッチを採用し、ギヤチェンジの速度を早くしています。

最高速度は340km/h以上、0-100km/hの加速は2.9秒を叩き出します!

フェラーリ812スーパーファストの制御システム

812スーパーファストには、フェラーリ初となるスポーツ仕様の電動パワーステアリング(EPS)を搭載しています。

『サイドスリップ・アングル・コントロール 5.0 』(SSC)※1などの車体制御システムと結合することで、高いパフォーマンスを発揮します。

車体制御システムには、同社F12TdF※2で導入された後輪操舵機構を進化させた『バーチャルショートホイールベース 2.0 』(PCV)を搭載します。

バーチャルショートホイールベース
フェラーリ812スーパーファスト バーチャルショートホイールベース

そのため、機敏なハンドリングと応答時間の短縮が実現します。

※1フェラーリの車両挙動電子制御装置

※2フェラーリF12TdF の詳しい情報は下記のフェラーリ公式サイトでご覧ください
http://auto.ferrari.com/ja_JP/sports-cars-models/car-range/f12tdf/

フェラーリ812スーパーファストのエクステリアとインテリア

ボディデザインは、フェラーリ社内のスタイリングセンターが手掛けました。

フェラーリ812スーパーファストの画像

フェラーリF12ベルリネッタ
フェラーリF12ベルリネッタ

全長4.657×全幅1.971×全高1.276mmというサイズで、シルエットはF12ベルリネッタの進化形といったところです。

進化した部分として、空力性能は一目瞭然です。

エアロダイナミックバイパス
フェラーリ812 エアロダイナミックバイパス

フロント部アクティブフラップ※4や、側面の後方にダウンホースを生むエアロダイナミックバイパスを設けてあります。

フルLEDヘッドライト
フェラーリ812スーパーファストのフルLEDヘッドライト

その他、フルLEDのヘッドライトはボンネットインテークダクトと一体のデザインになるなど、良い意味でシンプルになった印象を受けます。

ボディカラーは、フェラーリ70周年を記念し、”70周年レッド”を意味する『ロッソ・セッタンタ』というカラーをまとっています。

インテリアは人間工学に基づき製作された新型シートや、新ステアリングホイール、新車載インフォティメントシステム(IVI)※5などが配置された。

フェラーリ812スーパーファストのインテリア
フェラーリ812スーパーファストのインテリア画像

『無駄をそぎ落としたエレガンスでスポーティな空間』を目指し製作されたインテリアは、テーマにベストマッチした仕上がりになっています。

↓参考サイトはこちらです。
http://uuroncha.air-nifty.com/blg/2012/08/post-516b.html
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1102/14/news036.html

フェラーリ812スーパーファストの価格予想!

フェラーリ812スーパーファストの価格はまだ未公開です。

価格予想をたてるとすれば、フェラーリF12ベルリネッタが3730万円なので、スーパーファストもこの価格に近くなると考えられます。

また、ベルリネッタをアップグレードしたような仕様のため、ベルリネッタの価格を超える4000万円前後の値段設定が予想されます。

フェラーリ812スーパーファストまとめ

フェラーリ70周年アニバーサリー車と言っても過言ではないこのモデル。

フェラーリファンにとっては、大切な車になりそうです。

私のような庶民には手の届かない存在の車両ですが、一度でいいので町で見かけたいものです。
 

以上、今回は

について紹介しました。