ネットで中古車買取の一括査定に関して調べてみると、良いことばかりが書いてあるサイトがほとんどです。

ここでは、多くの方が疑問に思う

  • 一括査定は本当に良いのか?
  • 一括査定によるトラブルはないのか?
  • 注意点やデメリットは何があるのか?

などに関して調べてみました。

国民生活センター(消費生活センター)のホームページに、
中古車の買取に関するトラブル事例や注意点が載っていましたので紹介します。




スポンサーリンク

 

中古車買取一括査定のトラブルや注意点は?

トラブルに関しては一括査定と中古車買取で分けて紹介します。

「一括査定特有のトラブルや注意点」と「中古車買取全般のトラブルや注意点」です。

一括査定特有のトラブルや注意点

中古車の買取りだけではなく何でもそうですが、一括査定の注意点は何と言っても
電話の多さ・早さです。

一括査定をした瞬間から電話がなる場合もあるようです。
(機械が自動的にかける仕組みで、対応は人です)

ただし、電話の多さ少なさは車両によります。中古車市場で人気があればあるほど車買取業者も買い取りたい訳です。

電話がたくさんかかってくるということは、その車が高値で売れる可能性があるということです。

中古車一括査定のとトラブル事例 電話
逆に、「1社からしか電話がなかったぞ(# ゚Д゚)」という苦情もあるそうですが。。。おそらく、その方の車は不人気だったんでしょう。。。

電話で聞かれる内容は、

  • いつまでに売りたいのか?(売る時期)
  • 買取価格はいくらくらいを希望しているのか?
  • 出張査定に言っても良い日時はいつか?

など。

たくさん電話がかかってきても慌てないように、一括査定を依頼する前に以下のようなメモ用紙を作っておくと良いですよ。
中古車買取一括査定の電話対応表
人気車であればたくさん電話がかかってくる可能性があります。売る気もないのに軽い気持ちで一括査定を依頼するのはやめましょう。

逆に、

「できるだけ高く売りたい」
「◯◯万円以上で売りたい」

と思っているのであれば、一括査定は非常に便利なサービスですし、高く売るためには必須のサービスです。

「ちょっと今の価値を知りたいから」という理由だけで一括査定を申し込むのはおすすめしません。

また、できるだけ出かける前や電話が取れない状況の時は一括査定に申し込まないようにして、電話が取れる落ち着いた状態の時に申し込みましょう。
 

では次に、一括査定だけではなく中古車買取全般でのトラブルや注意点に関して紹介します。

中古車買取全般のトラブルや注意点

中古車買取全般でこれまで報告されているトラブルは大きく分けて以下の3つ。

  • 押し売り(強引な営業)
  • 再査定・高額な解約金
  • 買取料金の不払い


順番に説明していきます。

押し売り(強引な営業)

だいたいの場合は、ディーラーの営業マンのような丁寧な対応ですが、中には強引な営業をされる場合があります。

例えば、

「クーリングオフできるのでとりあえず契約だけしてください」と言って契約させておいて、契約書には入庫後のクーリングオフはできないと書いてあった。
(車は、契約した日に査定士が乗って持って行っている状態)

とか、

「工場じゃないと見れない部分がありますので、一度工場に持って行って査定してきます」と言って、連絡が来たと思ったら「○万円で売れました」と契約もしてないのに言われ、さらに、「既に次のオーナーと話を進めているので、契約してくれないと困る!」と言われた。

 
中古車買取一括査定のトラブル 押し売り
など、このような強引な営業が実際に行われていたという苦情が国民生活センターに届いています。

ここまでひどくなくても、「今なら◯◯万円です!」「即決で◯◯万円です!」という常套文句を使って売却を迫ってくる査定士さんは少なくないです。

査定士さんはたくさん買い取るための話術に長けていますので、
即決はしないということを前提で対応しましょう。絶対に口車に乗せられないように。

先に来た買取業者と契約してしまったら、せっかく一括査定をしているのにもったいないです。

中古車買取一括査定のトラブル 強引な営業

また、「買取価格の希望額はおいくらですか?」と聞かれることが多いですが、絶対に言ってはいけません。もし、その希望金額が買取業者の想定していた金額より安かった場合は、その金額で契約されてしまいます。

すべての買取業者から査定額を出してもらい、一番高い業者に売却するということを徹底してください。

再査定・高額な解約金

次は、再査定や高額な解約金が発生するというトラブルです。

まず、実際にあったトラブルを紹介します。

契約して車を引き取ってもらった数日後に、その売却した車に事故歴が見つかったと連絡がありました。

その車は元々中古で購入しましたが、その時に店から事故車というこは聞かされていません。当然、納得できず、「では、その車を売るのはやめます」と伝えると、「解約金(キャンセル料)が10万円かかります」と言われました。

 

国民生活センターには、似たような相談がたびたび来ているようです。

後でキズが見つかっただとか、事故車ということが発覚したという、この2つの理由が多いです。

もちろん、事故車だということを知っていて査定士に伝えなかったのであれば、この解約金は支払わなければいけません。

しかし、以前のオーナーが事故をしていて、
中古車買取のトラブル 事故車発覚
中古で購入した本人が事故歴がある車だと知らなかったのであれば、減額に応じる必要はありません。また、解約金も支払う必要はありあせん。

例え、契約書に「キャンセルする場合は◯万円の支払いが必要です。」と記載されていたとしても解約金を支払う必要はありませんので安心してください。

消費者契約法でユーザーは守られています。

※詳細は消費者契約法の第2節「消費者契約の条項の無効」内の第9条「消費者が支払う損害賠償の額を予定する条項等の無効」を参照ください。

もし、トラブルに巻き込まれたら、すぐに国民生活センターに相談しましょう。この手の相談はたくさん受けているようですので、的確にアドバイスをもらえると思います。

買取料金の不払い

次に、めったにないですが「買取料金が支払われなかった」という事例もあります。

買取の契約を結んだのに、約束の日になっても料金の振り込みがなかった。電話をかけても通じなかったので店舗に行くと、店舗には「倒産」という貼り紙が。。。

 
買取業者を選ぶ時は、ある程度信頼のできる店舗に買い取ってもらうようにしましょう。

このようなことは大手の買取業者であれば絶対にありません。だからといって、個人店でもめったにありません。

中古車買取一括査定のトラブルや注意点まとめ!

以上、ここまで中古車買取一括査定のトラブルや注意点を紹介していきましたが、

まず、売却しようと思っていないのに軽いノリで一括査定をすることはやめましょう。

中古車買取一括査定 電話トラブル
人気車種の場合、たくさん電話がかかってくる可能性があります。

また、一括査定を申し込んだらすぐに電話がかかってくる可能性がありますので、すぐ電話にできる状態の時に一括査定は行いましょう。
 

次に、中古車の買取全般に関するトラブルと注意点を紹介しました。

まず、消費者は法律で守られていますので、何かトラブルがあった場合は国民生活センターに相談すると早いです。

中古車買取トラブルは国民生活センター(消費生活センター)
 

押し売り、再査定、高額な解約金など、ここに書いてあることを知らないとそのまま買取業者のいいなりになってしまい損することになってしまいます。

明らかにおかしいことには応じる必要はありませんので安心してください。

ここで紹介しているトラブルに実際に巻き込まれることはほとんどないと思いますが、事前にこのようなトラブルがあったと知っておくだけで全然違います。
 

トラブルや注意点などを把握した上で、中古車買取一括査定を申し込むようにしましょう。

中古車買取一括査定 電話に注意

愛車を高く売るには非常に便利なツールですので有効に活用してください。

以下の記事では私が利用した信頼性の高い一括査定サービスを紹介しています。